catch-img

成果報酬型テレアポ代行のメリット・デメリットと代行会社を選ぶポイント

テレアポ代行サービスは、クライアントに代わってテレアポ業務を行なってくれる便利なサービスです。活用すると自社の営業担当者がテレアポ業務から解放され、商談や契約に集中できるメリットがあります。
 
テレアポ代行サービスには「成果報酬型・固定報酬型・コール課金型」という3つの料金形態があります。本記事では3つの料金形態のうち、アポイント獲得などの営業成果が上がったときのみ費用がかかる「成果報酬型」について解説します。
 
成果報酬型テレアポ代行サービスのメリット・デメリットや、代行会社を選ぶときのポイントを解説するので、サービス選びにお役立てください。


目次[非表示]

  1. 1.そもそもテレアポ代行とは?
  2. 2.テレアポ代行の料金形態と選び方
    1. 2.1.成果報酬型
    2. 2.2.固定報酬型
    3. 2.3.コール課金型
  3. 3.成果報酬型テレアポ代行のメリット 
    1. 3.1.成果がでなかった時のリスクが小さい
    2. 3.2.代行会社の質を把握しやすい
  4. 4.成果報酬型テレアポ代行のデメリット
    1. 4.1.1成果あたりの料金が高め 
    2. 4.2.確度の低いアポイントを取得される可能性がある
  5. 5.成果報酬型テレアポ代行を選ぶときのポイント
    1. 5.1.ターゲットリストが提供されるか
    2. 5.2.通話音声データが提供されるか 
    3. 5.3.同業界・似た商材の実績は豊富か
    4. 5.4.コールスタッフの質は高いか  
    5. 5.5.専任の営業担当者がつくか
  6. 6.まとめ


そもそもテレアポ代行とは?

テレアポ代行とは、電話による商談アポイントの獲得を業務委託できるサービスのことです。ターゲットリストの作成・トークスクリプトの作成・架電など、テレアポに付随する業務を依頼可能です。
 
テレアポ代行を利用すると、自社の営業担当がテレアポ以外の業務に注力できるようになります。商談に専念できるため、商談数の向上につながるでしょう。さらに、商談の数が飛躍的に増えることでノウハウが蓄積され、成約率の向上など質の改善にも期待できます。
 
また、テレアポ代行会社には、テレアポの業務経験やノウハウに長けた人材が多く在籍しています。そのため、自社の営業担当だけでテレアポを行なうよりも、アポイント獲得数を増やせる可能性が高くなります。


テレアポ代行の料金形態と選び方

テレアポ代行の料金形態は、主に「成果報酬型・固定報酬型・コール課金型」の3つに分かれています。それぞれの特徴と選び方を解説します。


成果報酬型

成果報酬型のテレアポ代行サービスは、「アポイント獲得・商談成約」などの営業成果が上がったときにのみ費用が発生します。
 
成果がなければ費用は発生しないので、外注コストを抑えられる点がメリットです。ただし一般的に、1成果あたりの料金は高めに設定されています。
 
▼成果報酬型テレアポ代行の利用に向いている企業の特徴
 
・成果がないときは費用を抑えたい
・外注にかけた費用を無駄にしたくない
・アポ獲得などの成果を出すのが比較的難しい商品・サービスを扱っている


固定報酬型

固定報酬型のテレアポ代行サービスは、月額料金が定められており、毎月一定の金額を支払います。成果の有無にかかわらず費用が発生しますが、毎月支払う金額一定なので、予算管理しやすいメリットもあります

 
▼固定報酬型テレアポ代行の利用に向いている企業の特徴
 
・支払金額のわかりやすいサービスを利用したい
・成果が多く上がった際に高額費用が発生するのを避けたい

 

コール課金型

コール課金型のテレアポ代行サービスは、架電数に応じて費用が変動します。費用相場は1コールあたり200~300円で、架電数が多くなるほど支払金額も高くなります。
 
コール課金型のメリットは、少ない架電数で成果が出れば、成果報酬型よりもコストを抑えられる点です。ただし成果の有無にかかわらず、架電した時点で費用が発生します。
 
▼コール課金型テレアポ代行の利用に向いている企業の特徴
 
・成果が多く上がった際に高額費用が発生するのを避けたい
・知名度があるなど、アポイントや成約につながりやすい商材を扱っている


成果報酬型テレアポ代行のメリット 

 ここからは、成果報酬型テレアポ代行サービスのメリット・デメリットを詳しく解説します。成果報酬型に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

成果がでなかった時のリスクが小さい

前述したように、成果報酬型テレアポ代行サービスは、営業成果に応じて費用が変動します。アポイント獲得を成果とするか、商談を成果とするかは、テレアポ代行会社によって異なりますが、いずれにしても営業成果が出なければ費用は発生しません。
 
成果がなかったときのリスクが小さく、かけたコストが無駄にならない点は、成果報酬型の大きなメリットです。

代行会社の質を把握しやすい

成果報酬型には、テレアポ代行会社のサービス品質を把握しやすく、費用対効果を測りやすいメリットもあります。成果報酬型は成果に応じて費用が変動するため、ひと月当たりどの程度の成果が上がったか計測しやすいのです。
 
テレアポ代行会社の費用対効果を計測し、今後も同様のサービスを利用し続けるべきか、数値をもとに判断しやすくなるでしょう。


成果報酬型テレアポ代行のデメリット

成果報酬型テレアポ代行サービスの主なデメリットには、以下の2つが挙げられます。


1成果あたりの料金が高め 

成果報酬型のテレアポ代行サービスは、営業成果がなければ費用もかかりません。しかし、無駄なコストがかかるリスクが低い反面、1成果あたりの費用は高めに設定されています。
 
成果が思いのほか多く上がった場合、テレアポ代行会社に支払う料金も高額になるため、契約当初の予算をオーバーする可能性があります。
 
利用するときは、「支払いの上限金額が設けられているか」「上限金額を代行会社と相談して決められるか」などの契約条件をよく確認しましょう。

確度の低いアポイントを取得される可能性がある

「成果=アポイント獲得」とする場合、代行会社から確度の低いアポイントを取得されるケースがあります。確度の低いアポイントばかり取得されると、その後の商談がうまくいかず、結果的に営業効率が悪化するでしょう。
 
「成果の条件にアポイントの質も含める」など、代行会社と条件をすり合わせて、確度の高いアポイントを獲得できるよう工夫する必要があります。



成果報酬型テレアポ代行を選ぶときのポイント

ここからは、成果報酬型テレアポ代行サービスを選ぶときのポイントを5つ解説します。以下の5点を意識すると、営業効率アップにつながるサービスを選べるでしょう。

ターゲットリストが提供されるか

代行会社によっては、テレアポのターゲットリストを抽出・作成し、クライアントへ提供してくれる場合があります。代行会社がリストを作成してくれれば、クライアント側の手間が省けるため、契約前に提供の有無を確認しましょう。
 
また、リストを提供してもらえる場合、自社商材のターゲットとマッチしているかどうかも確認したほうがよいでしょう。自社商材のターゲットとマッチしたリストであれば、アポイント獲得率アップにつながります。


通話音声データが提供されるか 

コールスタッフの通話データが提供されるテレアポ代行会社を選びましょう。架電率・応答率・通話内容など、代行会社から報告される情報の真偽を確認する手段は重要です。
 
通話の証拠を提出してもらえるならば、安心して代行を依頼できるでしょう。また通話音声データは、アポイント獲得につながるパターンの分析にも役立ちます。


同業界・似た商材の実績は豊富か

テレアポ代行会社を選ぶときは、自社と同業界の商材や、類似商材での実績が豊富な会社を選びましょう。代行会社にも得意・不得意な領域があるため、商材との相性が良い会社を選んだほうが、成果につながりやすくなります。
 
また、自社と同業界・類似商材での実績が豊富な代行会社は、商材への理解が早いので、打ち合わせを効率的に進められます。代行会社の得意分野は、必ず確認して契約しましょう。



コールスタッフの質は高いか  

テレアポ代行会社は、会社によって従業員規模や知名度などが異なります。しかし、広告を多く打ち出していて知名度があり、規模の大きい会社だからといって、コールスタッフの質が高いとは限りません。
 
会社の規模と知名度は、必ずしもサービス品質とイコールではないので、実績・顧客からの評判・人員体制などの情報を広く集めて、複数社で比較検討しましょう。
 
また「自社の商材に適したトークスクリプトを作成してくれるか」も要チェックです。トークスクリプトの質によって成果が大きく変わるため、コールスタッフのスキルだけでなく、「トークスクリプト作成の有無・作成方法・改善要求の可否」などもあわせて確認しましょう。


専任の営業担当者がつくか

代行会社によって、クライアントごとに専任の担当者がついてくれるケースがあります。専任の担当者がついてくれると、何かと相談しやすく信頼関係を構築しやすいので、契約後のサポート体制を確認しておきましょう。
 
専任の担当者がついてくれる場合は、担当者の人柄やスキルも確認します。テレアポのノウハウが豊富で、商材を深く理解する姿勢があり、柔軟に対応してくれる人が望ましいでしょう。


まとめ


成果報酬型テレアポ代行サービスのメリット・デメリットや、代行会社を選ぶときのポイントを解説しました。成果報酬型テレアポ代行には、「成果が出なければ費用がかからない」「外注費が無駄にならない」などのメリットがあります。
 
しかし「アポイント1つあたりの料金が高め」などのデメリットもあるので、自社の予算を考慮して利用するか否かを選びましょう。
 
テレアポ代行を利用するにあたり、成果報酬型がよいか、固定報酬型がよいかは、自社の条件によって異なります。自社で保有している架電リストの数や、商材の訴求しやすさなどにより、利用すべき料金形態が変わるからです。
 
どのような料金形態の代行サービスを利用するか、判断に迷う場合は、代行会社に直接相談して決めたほうがよいでしょう。
 
 
「テレアポ代行の利用を検討している」「どのようなサービスが自社に適しているか知りたい」という方は、ぜひ『エンSXセールス』にご相談ください。エンSXセールスは、アウトバウンドの戦略構築から実行まで、ワンストップで伴走支援する固定報酬型のサービスです。

エンSXセールスには、以下のように3つの強みがあります。
 
・600名のセールスプロ人材
・20万社を超える顧客基盤
・戦略立案に長けたアカウントマネージャー
 
3つの強みを活かし、単なるテレアポ代行ではなく営業活動のパートナーとして、新たな戦略と新規顧客を創出します。
 
エンSXセールスは、エン・ジャパンが5年で売上4倍の急成長を実現したセールス・マーケティングノウハウをもって、営業生産性の向上を支援しています。以下のお問合せ窓口より、お気軽にご相談ください。
 
▼エンSXセールス│お問い合わせ窓口▼
https://sales.en-sx.com/contact
 
▼エンSXセールスのサービス資料ダウンロード、他お役立ち資料一覧▼
https://sales.en-sx.com/downloadlist

  お問い合わせ|BtoBインサイドセールス支援の『エンSX』エン・ジャパン株式会社 エン・ジャパン エンSXセールス
  資料ダウンロード一覧|BtoBインサイドセールス支援の『エンSX』エン・ジャパン株式会社 エン・ジャパン エンSXセールス




ページトップへ戻る